飾り線上

高くなりすぎたクレアチニン値を正常値まで下げるためには

飾り線下
腎臓病を患っていてもご飯療法が的確ならば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。

老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせることが出来ることもあります。
ご飯療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではないですよね。



ご飯療法に関しては、患者が自ら自発的に取り組める最善の手法になります。

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、増加する事態になります。

このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。
ですから適正なご飯療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内へと送り続ける必要がありますのです。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。


肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。



甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多くふくまれています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用してつくられているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。

ご飯を元にして得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。
血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。
たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけないのです。
腎臓病に悩まされる方に向けて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。

これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しくご飯を制限しないといけないのです。

この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー量にも制限が生じます。独断でご飯プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。



浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。



こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品にふくまれる水分量もふくめます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分制限だけになります。

水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。
脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので自分勝手な制限はしてはいけないのです。



クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。
クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。


なので、通常男性の方が高めの数値になっています。
筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るワケです。


また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が高まるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。


この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g〜40gです。



腎臓病を患った方がおこなうご飯療法のポイントは、腎臓病の進行を遅らせることと、良好な体調の存続です。

透析導入前の保存期の方であれば、ご飯療法を手掛ける事で腎不全(人工透析治療が必要になることもあるでしょう)の進行をスローペースにし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。


また、透析導入後も、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は大きな意味をもちます。





Copyright (C) 2014 腎臓病のクレアチニン値を下げる食事 All Rights Reserved.