飾り線上

腎臓は老廃物や有毒物質を尿として排出する器官

飾り線下
腎臓病でも食事療法が適切であれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。

老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。



かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせる事が可能なのです。

食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。


食事療法は、患者が自ら意欲的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。
体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。
体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

腎臓病では 糸球体がおかされるために血流が悪くなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に加算されていきます。

その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりと言う事がおこります。

なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送りつづける必要があるのです。



食事を元にして得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。
血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際にともに排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。
腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があるのです。
とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らないわけにはいけません。腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。
こうした製品をうまく活用する事で徹底した食事管理をおこなえます。



腎臓の機能が低下するにつれ、現状以上に細かに食事を管理する必要があるのです。


更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限が加わります。独断で食事プランをたてずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。
このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。

浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。
こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量により医師が判断します。


脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自身のみの判断で制限を行なうのは宜しくありません。


カリウム(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)は水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。
茹でる事で無くせるカリウム(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)の値は、個々の食品や調理を行なう際の形状・水量・所要時間により相違します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。
小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康状態のキープです。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることが出来ます。



加えて、透析をはじめても、可能な限り健康体で透析をするために、食事療法は必要不可欠です。
肉や魚その他卵や豆腐はとってもな量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。

甘い食べ物の場合でも意外な事に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用してつくられているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。
例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個に近いたんぱく質がふくまれているわけです。


クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離がおこなわれた末に尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)量に関わります。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。

筋肉量が落ちてくると、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。その他で言うと、妊娠時には、尿とともに出されるクレアチニン量が飛躍するので、通常よりもクレアチニン値はあまりありません。





Copyright (C) 2014 腎臓病のクレアチニン値を下げる食事 All Rights Reserved.