飾り線上

徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病は治る!

飾り線下
徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。
老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。沿うとう上手くいった場合、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせられたりするのです。
ご飯療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。


ご飯療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。

水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。
茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。



例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できるはずです。

小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できるはずです。


腎臓病を発症した方の行うご飯療法の趣意は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。

透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、結果的に透析を開始する時期を遅くできるはずです。
加えて、透析を始めても、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は必要不可欠です。



ご飯をして摂り入れたたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。
血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。
腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。肉や魚その他卵や豆腐はかなりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。


オヤツには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が含まれているりゆうです。
人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割程度窒素を含む不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。

この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。



体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30〜40gに相当します。


腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。

こうした製品を上手く活用する事で徹底したご飯管理をおこなえます。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳しくご飯を徹底しないとなりません。


また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も追加されるのです。

個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の指導をうけて決めるようにしましょう。



腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。


ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を摂り続ける必要があります。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から造り出される老廃物で、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっているのです。



筋肉の量が低下すれば、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が高まるため、クレアチニン値が低くなります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。
このような場合、飲み水だけにあらず、食品中における全水分が相当します。


浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。



水分量の制限については病状や尿量を元に医師が決定します。


脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。




Copyright (C) 2014 腎臓病のクレアチニン値を下げる食事 All Rights Reserved.