飾り線上

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため

飾り線下
腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。
結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの増加で高血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)を併発する可能性が上がります。そのためご飯療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。


水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理をおこなう際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。

このような場合、飲み水だけにあらず、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫がなかったり軽い場合は制限を設ける項目は塩分だけになります。



水分量の制限については病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。
脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。
腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病を極力進行させない事と、健康体のキープとされます。

透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法を試みる事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。

加えて、透析を始めても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は非常に重要な治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法です。
腎臓病を患う方にお勧めしたい、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。


このような商品を的確に用いる事が無理のないご飯管理につながります。

腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えてご飯を管理する必要があります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も伴います。



独断でご飯プランをたてずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。

日々のご飯で得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。

血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に持たらす負担が増加します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。


ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。腎臓病でもご飯療法が適切であれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。


老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるケースもあったりします。
ご飯療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。

ご飯療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)手段なのです。クレアチニンは筋肉中に存在している物質からつくり出される老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。

クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。
故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。

筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。



また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外にたんぱく質が多く含まれています。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して作られているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。

例えば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が含まれます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。
糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。

そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で現すと30〜40g程になります。




Copyright (C) 2014 腎臓病のクレアチニン値を下げる食事 All Rights Reserved.